医療機関で受けられるレーザー脱毛

レーザー脱毛は、エステやサロンでは受けられません。
なぜなら、レーザーを扱えるのが、病院の皮膚科などの医療機関に限られるためです。
医師がいないとレーザーを使うことができないので、エステではレーザーを使った施術ができません。
レーザー脱毛は、高い出力を持つレーザーを皮膚の上から当てていきます。
一度に広範囲の施術が可能で、全身脱毛でも短時間で施術をすることができます。
使われるレーザーは黒い色素、つまりメラニン色素に反応して毛に集中していきます。
毛に到達したレーザーは、熱エネルギーとなり毛乳頭という毛の生える元になる細胞を壊して、毛が二度と生えてこなくさせます。
細胞を壊すパワーがあるのはレーザーだけなので、エステでの脱毛の施術はあまり効果がないことになります。
確実にムダ毛を生えてこなくさせる方法として、レーザー脱毛は国から唯一認められている施術です。
医療機関で行われるので、毛や皮膚の状態に合った施術を受けられるのも安心です。

医療機関でのみ受けられるレーザー脱毛

レーザーでの脱毛は美容皮膚科など、医療機関でしか受けられない脱毛法です。
レーザー脱毛は名前に「レーザー」と入っているように、レーザーで無駄毛を脱毛します。
黒い色に反応する特殊なレーザーを肌に照射させ、このレーザーの熱を毛根へと吸収させるのです。
レーザーは高エネルギーですので、毛根はかなりの温度となり、体毛を作る組織が破壊されます。
すると、毛根から無駄毛が抜けるだけでなく、半永久的に無駄毛が生えなくなる、永久脱毛の効果まで得られます。
この、組織を壊して無駄毛を処理するという行為が、医療行為とみなされている為、レーザー脱毛は医療機関でしか施術を受けられないのです。
熱で脱毛すると言っても、レーザーは皮膚では無く、毛根部分に吸収されるので、肌が火傷してしまうというリスクはほとんどありません。
医師か看護師が施術を行うので、逆に安全性の高い脱毛法と言えるでしょう。
カミソリでの自己処理で肌荒れしやすいという方に、永久脱毛効果のあるレーザー脱毛はお勧めです。

check

パーソナルトレーニングを福岡で検討

最終更新日:2018/2/9

Copyright c 2015 レーザー脱毛の基礎知識 All rights reserved.