波長が長く毛根周辺に作用するレーザー脱毛

レーザー脱毛はレーザーを使用した脱毛であり、美容皮膚科などの病院でのみ行われている脱毛施術です。
脱毛したい部分の肌にレーザーを照射させると、レザーは波長が長いことから肌の表面を通過して毛根やその周辺に作用させることができます。
その時に生えているムダ毛を抜け落とさせるとともに毛根の近くにある毛が生える組織を壊すので、毛を作ることができず生えてこないというメカニズムで脱毛が進められます。
レーザー脱毛は、短期間で脱毛を完了させたいという人にはぴったりの方法です。
サロン脱毛では何度も受けているのに毛が減らないというトラブルも多いものですが、レーザー脱毛では一回ごとに高い効果を発揮するので人によっては半分程度の施術回数で終了してしまいます。
医師がいる場所で行われているので、もしも何かトラブルがあった時にはすぐに医師に相談することもでき、痛みが発生したときにも麻酔処置が可能なので順調に脱毛を進めてもらえます。

レーザー脱毛で使われる波長

レーザー脱毛はその名の通り、レーザーを使った脱毛です。
レーザーは出力の高い単一の波長を持つ光で、脱毛では主に3つの種類が使われています。
アレキサンドライトレーザーは755ナノメートル、ダイオードレーザーは810ナノメートル、ヤグレーザーは1064ナノメートルです。
日本でレーザー脱毛を行うと、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーのどちらかが施術に利用されていますが、ヤグレーザーもメラニン色素への反応が弱いことを活かし、色黒の人や色素沈着のある部分などの脱毛が可能です。
アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーはどちらも高い脱毛効果が認められているレーザーで、どちらのレーザーも出力できる脱毛機もあるほどです。
同じレーザーの機械でも、出力の調整などを行い、産毛から濃い毛まで対応できるようになっています。
毛の状態と皮膚の状態に合わせてこまめに調整することで、ひとりひとりのお肌に合った脱毛が可能になります。

pickup

Last update:2018/4/23

Copyright c 2015 レーザー脱毛の基礎知識 All rights reserved.